随筆風小説 プレイリスト

トラック18 ヒトセツナ 霧雨アンダーテイカー

暗闇の中、僕は目覚める。

すべて見えていないが、何故か見透かすような目をしている。

きっと、今の僕は世間からみるとおかしいのだろう。 見ている世界が違いすぎて、僕の考えに追いつくことなんてない。

それなら、分かってもらう必要なんてない。

僕の感覚を信じて進んでいく。

確実に出来ないことはしないが、少しでも可能性があるなら、飛び込む。例えそれが他の人から見た時に不可能だとしても。 少し危ない橋を渡った時、どうなるか好奇心が湧いてくる。

こんなことをすると、いつも色んな人に迷惑しかかけないし、不安しかないけど、 やらないより、やっていた方が自分のためになる。 それに、自信も不安も幻想しかない。だったら、自信を持ってたくさん出来ることを増やしていきたい。 ただそれだけ。

※この作品はフィクションです。実在の人物、団体とは関係ありません。

※当サイトで公開している小説の文章等の転載の使用を禁じます。

参考楽曲

DICE Flow

あとがき

今の気持ちを素直に書いてみた 2024年3月26日

return to Playlist Novel